消費者物価1.3%下落=11カ月連続マイナス−1月(時事通信)

 総務省が26日発表した1月の全国消費者物価指数(CPI、2005年=100)は、価格変動の大きい生鮮食品を除く総合指数が前年同月比1.3%下落の99.2だった。マイナスは11カ月連続で、デフレは長期化の様相を呈している。 

夫婦別姓 異論なんの 首相後押しで成立へ突進(産経新聞)
沖縄本島で震度5以上観測、99年ぶり(読売新聞)
<幼児虐待>3歳娘暴行死 傷害致死容疑で父親逮捕 福岡(毎日新聞)
賃金体系維持に厳しい姿勢=電機大手の春闘で経営側(時事通信)
寺田昌之
[PR]
by u1sojrevsg | 2010-03-04 20:40
←menuへ