<築地移転>土壌汚染除去の実験で濃度低下(毎日新聞)

 築地市場(東京都中央区)の移転予定地になっている江東区豊洲の土壌汚染問題で、都は10日、一部で汚染を除去する実験を行った結果、有害物質の濃度が環境基準以下になったとする中間報告をまとめた。都は移転用地の取得費を含む新年度予算案を定例議会に提出しており、反対姿勢を強める民主党の理解を得たい考えだ。

 実験では、移転用地のうち高濃度の汚染物質が検出された16カ所を選定。実際に行う土壌汚染対策工事と同様の複数の方法で除去作業を行っている。

 中間報告には、このうち洗浄または加熱処理をした5カ所の実験結果が盛り込まれた。現状では環境基準を超えているベンゼンやシアン化合物などの濃度を基準以下にまで処理することができたとしている。実験は6月末ごろ終了する見通し。

 岡田至市場長は「実験を重ねれば、業界の関係者や都民にも安全を示すことができる」と話した。都議会民主党の大沢昇幹事長は「巨費を投じての対策が妥当なのか、環境基準以下を維持することが可能なのかが問題。都が現在地の再整備を再検討しない限り、予算案には賛成できない」としている。【市川明代】

【関連ニュース】
築地市場:移転巡り都議会・民主党反対姿勢 知事と対決へ
築地市場移転問題
東京・築地市場移転:民主が反対、知事と対決へ 24日に都議会開会
ニュースの核心:経営難の盛岡市中央卸売市場 「地方市場」化に賛否両論 /岩手
石原語録:知事会見から 築地市場移転問題/東京マラソン /東京

<JAYWALK>アルバム回収へ ボーカル逮捕で(毎日新聞)
「社会保障への注力で平和に」―日医・唐澤会長(医療介護CBニュース)
佐賀城 半世紀ぶりの堀干し ハス復活へ250人が参加(毎日新聞)
消費者保護求めトヨタ提訴=米加州オレンジ郡検察当局(時事通信)
モノレールのトンネル内、はねられ?男性死亡(読売新聞)
[PR]
by u1sojrevsg | 2010-03-17 03:47
←menuへ