井上ひさしさん「少し時間を」…母校の校歌未完に(読売新聞)

 井上ひさしさんの死去を受け、出身地の山形県でも悲しみが広がった。

 同県川西町の原田俊二町長(53)は昨年秋、井上さんの母校・町立第一中学など3校を統合して2011年4月に開校する川西中学の新校歌の作詞を依頼していた。一時、病状が回復した井上さんから、「少し時間をいただきたい」との手紙をもらったというが、完成には至らなかった。

 井上さんは昨年11月、自身が希望して実現した小中学校の同級会を体調を崩して欠席した。同級生の後藤正さん(75)は「快方に向かっていると思っていたので、『ちょっと、早いよ』という気持ち」と声を詰まらせた。

1歳男児が変死=母が119番−大阪(時事通信)
趣味と実益 都営交通モニター人気(産経新聞)
銀河団の成長とらえた=衛星「すざく」で−理研など(時事通信)
傷害容疑で会社員逮捕=父けられ入院、死亡−新潟県警(時事通信)
小型カメラで“旅情”も体感 鉄道模型走行会(産経新聞)
[PR]
by u1sojrevsg | 2010-04-19 21:54
←menuへ