特養待機者の都道府県別人数を公表―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は1月15日、特別養護老人ホームへの待機者(入所申し込み者)について、都道府県別の人数を発表した=表=。東京が4万3746人と最も多く、佐賀が1317人で最も少なかった。ただし、佐賀など7県が在宅のみの人数を集計しているなど、一部の府県での集計方法が異なっているため、厚労省では「都道府県間の単純な比較はできない」としている。

【詳細な表が入った記事】

 特養への入所申し込み者数をめぐっては、厚労省が昨年12月に全国で約42万1000人に上るとの集計結果を発表しており、今回は都道府県別の人数を示した。

 東京以外で多かったのは、兵庫(2万5100人)、神奈川(2万2865人)、北海道(2万2420人)など。また、佐賀以外で少なかったのは、徳島(1462人)、富山(1489人)、石川(1611人)などだった。

 厚労省は現在、入所申し込み者の性別や年齢、認知症の程度、家族の状況などを含めた詳細な抽出調査を全国の特養で実施しており、4月をめどに公表する予定だという。




【関連記事】
特養待機者が約42万人−施設整備の遅れが原因か
介護施設内の保育所新設に助成―厚労省が来年度新規事業
社福施設の人員配置などの規制維持−厚労省方針
特養の定員、前年度比1万1千人増―厚労省まとめ
特養など介護保険施設の増加は計画の7割

産科補償制度、初年の補償対象者は12人―診断医に迷いも(医療介護CBニュース)
<ハイチ大地震>現地で活動、熊谷さん帰国「水と食糧必要」(毎日新聞)
富士市で32歳主婦刺殺 「自分が刺した」と男が出頭 雇用めぐるトラブルか(産経新聞)
口座から出金3億円=小沢氏「土地購入に充当」−1億円不足、真偽を捜査・東京地検(時事通信)
ネットワークは粘菌に学べ 単細胞でも効率的な経路形成(産経新聞)
[PR]
by u1sojrevsg | 2010-01-25 14:35
←menuへ