自殺社員の鬱病、日通に賠償命令(産経新聞)

 リストラの圧力をかけられた末に鬱病(うつびょう)を発症し自殺したとして、日本通運に勤務していた男性=当時(56)=の遺族3人が同社に約5千万円の賠償を求めた訴訟の判決が15日、大阪地裁であった。田中敦裁判長は日通側の安全配慮義務違反と鬱病発症の因果関係を一部認め、慰謝料など約330万円の支払いを命じた。

メディカルアライアンスの格付け据え置き―JCR(医療介護CBニュース)
社民・福島氏、グアム案捨てず「粘り強くやっていく」(産経新聞)
山陽道 停車中のパトカーにトラック追突、警官重傷 岡山(毎日新聞)
希少種アホウドリのヒナ死亡=土砂流入で−東京・伊豆諸島(時事通信)
出産育児一時金で「経営難」 分娩費用値上げに動く(J-CASTニュース)
[PR]
by u1sojrevsg | 2010-02-19 10:57
←menuへ