<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 千葉景子法相は21日の閣議後会見で、施行から1年が経過した裁判員制度について「裁判員選任手続きの出席率は8割を超え、経験したほとんどの方が肯定的な回答をしている。これまでのところ順調に実施され、理念が定着しつつある」と述べた。依然として国民の間に抵抗感が残るとの指摘には「裁判員の経験がほかの国民にも伝わり、共有することも大事」と話し、経験者が体験を語る重要性を強調した。【石川淳一】

【関連ニュース】
裁判員制度:会見へ協力求める 新聞協会が文書公表
裁判員制度:「法廷技術向上、弁護士に必要」日弁連会長
裁判員制度:530人に判決、無期懲役は8人…開始1年
娘3人死傷:点滴の母に懲役10年 善悪判断の低下認定
裁判員裁判:点滴に水入れた母に懲役10年 京都地裁判決

<小沢幹事長>再び不起訴処分、検察審が第2段階の審査へ(毎日新聞)
公然わいせつ・礼拝所不敬罪、篠山さん略式起訴(読売新聞)
<発炎筒火災判決>都に626万円命令 車炎上の原因認定(毎日新聞)
30代男女を逮捕へ=アリコ顧客情報流出絡み―詐欺容疑で警視庁(時事通信)
口蹄疫被害の中小企業支援=経産省(時事通信)
[PR]
by u1sojrevsg | 2010-05-27 17:27
 就寝中の父親(40)を文化包丁で刺し、顔や背中などにけがを負わせたとして、千葉県警茂原署は16日、傷害の疑いで、茂原市の県立高校3年の男子生徒(18)を逮捕した。父親は病院に搬送されたが、命に別状はない。男子生徒は容疑を認めている。

 調べでは、男子生徒は16日午前1時40分ごろ、自宅2階の寝室で就寝中の父親を、刃渡り約15センチの文化包丁で数回にわたって刺し、顔や背中、左腕にけがを負わせた疑いが持たれている。

 同署によると、男子生徒は祖父に伴われて同署に出頭し、「父親の日常的な家庭内暴力に恐怖を感じた」と供述しているという。事件前日にも父親が、家族に対して暴力を振るったと話しており、同署では詳しい状況を調べている。

【関連記事】
引きこもり殺人勃発…“爆弾”を抱える家族の実態
小さな体はミイラのようだった…ネグレクトの果てに
家庭内暴力認め夫絞殺の72歳女性に猶予付き判決
戸塚ヨットスクール、親に「自殺を防げないかも」と伝えていた
女性はやっぱり弱い存在? 仏でも家庭内暴力問題
少子化を止めろ!

人気の美容皮膚医療 リスク含め医師と相談を(産経新聞)
障害者団体発起人に有罪=村木被告共謀、実質判断せず−郵便料金不正・大阪地裁(時事通信)
陸山会事件 小沢氏、3度目聴取 「起訴相当」で再捜査(毎日新聞)
韓国艦沈没 外相「協力惜しまぬ」(産経新聞)
リース会社を初集団提訴 ホームページ制作契約、相談100件超(産経新聞)
[PR]
by u1sojrevsg | 2010-05-18 21:38
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する日米の実務者協議で、米側が、鹿児島県・徳之島への航空部隊の訓練移転を柔軟に検討する姿勢を示していたことが7日、分かった。政府関係者が明らかにした。日本側は訓練移転を実現することで沖縄の基地負担の軽減につなげたい意向。ただ、徳之島側は受け入れに強く反対しており、実現する見通しは立っていない。
 日米の実務者協議は4日、防衛省で開かれた。この中で米側は、鳩山由紀夫首相が検討している最大1000人の海兵隊の航空部隊の移転について「地上部隊との一体運用が困難になる」として難色を示した。その一方で、訓練の移転に関しては、徳之島以外の全国の自衛隊基地への移転と併せて、協議に応じる姿勢を示した。「沖縄の負担軽減」を強調する鳩山首相に配慮したものとみられる。
 しかし、これまでの米軍の訓練移転は、騒音などの負担軽減にほとんどつながっていないとの指摘がある。部隊移転が実現しなければ、沖縄側の失望を招くことになりそうだ。 

【関連ニュース】
鳩山首相元秘書の有罪確定=偽装献金事件
15日にも沖縄再訪問=参院選は現体制で
公約違反認めぬ鳩山首相=「最低でも県外」発言で強弁
鳩山首相「批判は私が受ける」
徳之島3町長に理解求める=鳩山首相

森下優一君表彰 「お母さんの似顔絵全国コンテスト」(産経新聞)
<雑記帳>チャグチャグ馬コ、村の観光も背負う 岩手・滝沢(毎日新聞)
ツイッター、ミクシィ「禁止令」 福岡の高校が事実認める(J-CASTニュース)
普天間質問スルー、株価下落「大変心配」…首相(読売新聞)
もんじゅ 国際標準化へ先手 米仏と協力、追う中印(産経新聞)
[PR]
by u1sojrevsg | 2010-05-11 14:23
←menuへ